痛風は若い人でも発症する恐れのある病気~早めの予防を心がける~

笑顔の男の人

食生活の改善は必須

夫婦

悪化させる食べ物

痛風は、かつて贅沢病と呼ばれていました。しかしながら、現在では、誰にでもなりうる病気ということに注意をしなければなりません。食事の西洋化が主な原因ですが、肥満体系である方は特に危険です。まず、痛風になりやすい食事とはどのようなものなのでしょうか。痛風につながるのは、尿酸値が高いこととされています。この尿酸とは、体の代謝や分解活動によって産生される物質です。尿酸は、プリン体と呼ばれる物質を分解することでできるとされています。ですから、プリン体を多く含む食事は、尿酸値を高め、痛風につながることを注意しましょう。プリン体は、レバー(鶏、豚、牛、アンコウなど)、干物、白子、カツオ、マイワシ、ビールなどに多く含まれています。ラーメンのスープなども要注意です。またアルコールには尿酸を作る代謝活動を高める作用があります。

尿酸値を下げる食べ物

一方で、痛風の治療に効果的な食事を挙げておきます。痛風は、尿酸値が高いことが原因で起こる病気です。つまりは、尿が酸性に傾いているということです。これを弱めるには、アルカリ性のものを摂取することが効果的です。カルシウム、カリウム、ナトリウム、マグネシウムといったミネラル成分は、水分に溶けるとアルカリに傾く性質がありますから、これらを多く含む食品は、効果的です。海藻や野菜、きのこ、大豆製品などには、これらが豊富に含まれていますから、積極的に摂取しましょう。また、水分も効果的です。水分を摂取することで、痛風の原因物質を尿として体外に放出することができるからです。ただし、アルコールや糖分が豊富な炭酸飲料や清涼飲料水は、逆効果ですので、カロリーのない水やお茶などにしましょう。

Copyright© 2015 痛風は若い人でも発症する恐れのある病気~早めの予防を心がける~ All Rights Reserved.