痛風は若い人でも発症する恐れのある病気~早めの予防を心がける~

笑顔の男の人

きちんと対処することが大事

男性

会社の健康診断などで尿酸値が高いと指摘された人も少なくないでしょう。尿酸値が高いということは、それだけ痛風発作になりやすいリスクを抱えているので注意する必要があります。逆に言えば痛風発作を予防するためには、尿酸値を下げる必要があるということです。ではどのくらいの値に下げれば痛風発作を予防できるかというと、痛風発作を起こしたことがある人が再発を予防するためには6.0mg/dL以下に抑える必要があります。一方で発作を経験したことがない人が予防のために目標とする数値というのは明確ではありません。しかしながら7.0mg/dL以上から上がるにしたがって痛風発作のリスクが高まるとされています。また尿酸値を下げる工夫としては、食べすぎに注意したり水を1日2L以上飲むなどの工夫が必要とされています。

痛風発作は経験した人にしか分からない痛みとも言われています。発作の痛みには次のような特徴が挙げられます。足の親指の付け根に激痛が走ったり、関節の1か所が腫れて激しく痛むといった特徴が挙げられます。歩けなくなるほどの痛みを生じますが、発作発症後24時間が痛みのピークと言われています。そして3日から7日程度すれば、痛みはウソのように引いて歩けるようになるといった特徴があります。また痛風はかつては中高年の男性に多い病気と言われていましたが、最近では30代と比較的若い年代で発症する人も増えています。痛風の発作を予防するためには、血中の尿酸値を下げる必要があります。そのためには、プリン体を多く含む食事を控えることや食べ過ぎに注意するなどの生活習慣の見直しが必要です。

Copyright© 2015 痛風は若い人でも発症する恐れのある病気~早めの予防を心がける~ All Rights Reserved.