痛風は若い人でも発症する恐れのある病気~早めの予防を心がける~

男の人

中高年だけじゃない

食事

原因は何なのか

痛風とは、その字の通り「風が吹いても痛い」と言われるほどの激痛がある日突然襲います。贅沢病とも言われていて、中高年の人がなる病気だというイメージがありますが、現在では若い人でも痛風に悩まされる人は増えています。足の親指の関節に症状が出る人が多く、何の前触れもなくなってくる痛みと腫れが特徴です。痛風は血中の尿酸値が高くなったことで関節に尿酸が溜って結晶となり、それが何らかの拍子で剥がれたことで激しい痛みに襲われます。治療方法としては、血液中の尿酸値をさげることです。痛みの程度によっては鎮痛剤などで痛みへの対処療法がおこなわれますが、血中の尿酸値をさげなければ再び痛風となってしまう可能性があるためです。

食事と水分摂取

予防の方法は、食生活に気をつけることです。プリン体が多いものを食べないようにすることが痛風の予防になると言われています。プリン体は腎臓に集められて尿酸へと変化し、血中に増えすぎてしまうことで痛風のきっかけになってしまいます。痛風の改善や予防のためには、プリン体の多く含まれているものはあまり食べないようにすることが重要です。プリン体が多く含まれている食べ物にはレバーや魚卵、エビ、牡蠣、昆布などがあります。また、それらと同時に水分の摂取も痛風予防には重要です。尿酸が多く生成されたとしても、新陳代謝を盛んにして尿として尿酸を排出することができれば、血液中の尿酸値が高くなりすぎずに痛風の予防ができるためです。

きちんと対処することが大事

男性

痛風発作を予防するためには、血中の尿酸値を下げる必要があります。特に発作を経験した人が再発を予防するためには、6.0mg/dL以下まで下げる必要があります。また痛みの特徴としては、足の親指の付け根の関節の1か所が腫れて激しく痛むという点が挙げられます。

読んでみよう

食生活の改善は必須

夫婦

痛風の原因は、レバーや魚介類、ビールなどに豊富に含まれるプリン体とされています。これらを摂取しないこと、尿をアルカリ性に傾けるミネラルが豊富な食品を摂取することで、予防、緩和することができます。肥満傾向の方は、痛風のリスクが高いですから食事の改善を早めに行いましょう。

読んでみよう

食生活の改善が必要な病気

料理

痛風にかかる人は、今までの食生活に問題がある人がほとんどです。原因となるプリン体を含む食品を食べるのは控える。アルコール類は飲みすぎない。水分を多く摂るなど、日ごろから心がけていなければなりません。まず自分がどのような食事をしていたかを見直してみましょう。

読んでみよう

Copyright© 2015 痛風は若い人でも発症する恐れのある病気~早めの予防を心がける~ All Rights Reserved.